Favicon画像を簡単に取得する方法

GoogleAPI を使えば簡単にリンク先の Favicon が取得できる。

ブラウザで以下の書式のURLを入力するだけ。

[書式] http://www.google.com/s2/favicons?domain=xxxxx

xxxxxに取得したいサイトURLを入力するだけ

[使用例] http://www.google.com/s2/favicons?domain=www.google.co.jp

フロントの障害あるある

フロントの障害あるある。

・画像のサイズやテキストの表示サイズは、仕様書や設計書に記載されない。一枚絵でイメージが渡される。

・テストコードを書けず、画面で確認するしかないからよくテスト観点から漏れる。

・メイン機能でないから、テスト工数に見積もられない。

ってことで、忘備録。

 

 

今後気をつけるリストとして使いたい。

 

・画像の大きさの指定をしてないために、そのままの画像サイズで表示される。

・サーバサイドで最大文字数の変更が行われて、フロントへん影響を考えてなくて画面がくずれる。

・最大文字数を表示したテストを行なっておらず画面がくずれる。

 

フロントむずいなあ。

オープンデータ

オープンデータとは オープンデータ(Open Data)は政府や自治体、企業などが保有するデータを公開し、自由に活用してもらう取組です。特に政府や自治体が公開するオープンデータが注目されており、データの活用による行政の透明性向上、官民協働の推進、行政の効率化、経済の活性化などの効果が期待されている。

アメリカ政府やイギリス政府による取組は先駆けとして有名で、日本でも取組が始まっている。


日本で公開されているオープンデータを探すことができるWebサイト

DATA GO JP(https://www.data.go.jp/)

日本政府のオープンデータがカタログ化されている

OPEN DATA METI(https://datameti.go.jp)

経済産業庁のオーピンデータがカタログ化されている

e-Stat(http://www.e-stat.go.jp)

日本の統計データを閲覧・取得できる

OpenGovLab(http://openlabs.go.jp)

政府や自治体のオープンデータがまとめられている

LinkData.org(http://linkdata.org)

オープンデータやオープンデータを使ったアプリを共有できる

CityData(http://citydata.jp/

地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト

PandasでCSVファイルを読み込む

pandasを使用すると簡単にCSVを読み込むことができる。 わずか3行。こりゃラクチンだ。

import pandas as pd

# 為替データCSVファイルを読み込む
# データのダウンロード先
# 日本銀行時系列統計データ検索サイト
# https://www.stat-search.boj.or.jp/

df_exchange = pd.read_csv('5.3_1.1/exchange.csv', encoding='cp932', header=1, names=['date', 'USD', 'rate'], skipinitialspace=True, index_col=0, parse_dates=True)
print(df_exchange)

出力結果

               USD   rate
date                     
1980-01-01  237.73  78.91
1980-02-01  244.07  76.75
1980-03-01  248.61  76.38
1980-04-01  251.45  76.82
1980-05-01  228.06  82.50
...            ...    ...
2019-08-01  106.34  79.97
2019-09-01  107.40  79.01
2019-10-01  108.12  78.10
2019-11-01  108.88  76.89
2019-12-01     NaN    NaN

[480 rows x 2 columns]

旧Google Siteで新しい投稿にテンプレート指定できない

Google Siteで新しい投稿にテンプレート指定できない

会社で使っているGoogle Siteのページにいいね!ボタンを実装してほしいと話があり作ったのだが、

「新しい投稿」ボタンからのページ作成でテンプレートを変更できない。

あれこれ、設定を見ているのだが。。。。うーん。

画像を画面の高さいっぱいに表示する

画像をブラウザの画面の高さいっぱいまで表示するには、 画像を表示する要素のheightプロパティで「100vh」と指定する。

HTML

  <div>
    <section class="conA">
      <div class="container">
      </div>
    </section>
  </div>

CSS

.conA {
  height: 100vh;
  background-image: url(/img/fruits.jpg);
  background-position: center;
  background-color: cover;
  text-align: center;
}

f:id:rarao1048:20191223231749p:plain

outsystemsは現在Mac Catalinaでは動かない

outsystemsを入れて勉強しようかと思ってインストールしてみたけど、動かない。

ググりまくって、調べた結果、サポートできておらず、対応中だそうです。orz.

Service Studio Mac not running on Catalina - OutSystems